自営業者のキャッシング申し込み時に事業者ローンも「他社借入」に含まれるのか?

自営業者がキャッシング申し込み時、事業者ローンも他社借入に含まれるのか?

自営業者が一般のキャッシング申し込み時に事業者ローンも他社借入に含まれるのか?

現在自営業者(個人事業主)として働らいております。

 

プライベートで訳があってまとまった現金を借りたいと思い、消費者金融系のキャッシングに申込をしようかと思っています。

 

アコムとかプロミスとかアイフルなどを希望しております。

 

これらの消費者金融系のキャッシングに申込をする場合申し込み記入欄に「他社借入状況」を正直に記入するとのことですが、ビジネスローンや事業者ローンも借入件数に入れるべきなのでしょうか?

 

 

事業者ローンの借り入れは一般の消費者金融系のキャッシングの借入とは関係ないように思えますが、これも借入件数として記入すべきですか?

 

教えてください。

 

 

 

 

 

これは借入件数に記入すべきですね。

 

たとえ事業者ローンとして借りていてもあなたが個人事業主であるならば個人としてお金を借りているはずです。

 

 

そう言う場合はビジネスローンや事業者ローンも申し込み記入欄の他社借入に入れるべきであります。

 

 

逆にあなたが法人としてビジネスローンや事業者ローンを借りている場合は、記入する必要はありません。

 

 

個人事業主として借りるか?法人として借りるか?・・・では借入件数が違う

中小企業の社長さんが法人名義でビジネスローンや事業者ローンを借りた場合は、これはあくまでも法人としての借金です。

 

 

こういうケースは法人の借入件数としてカウントされますので、社長さん個人は関係ありません。

 

 

従って、社長さん個人がアコムやプロミスなどの消費者金融に申込をした場合、法人として借りているビジネスローンなどの借入件数は記入する必要はありません。

 

 

 

逆に、個人事業主を営んでいる人が、ビジネスローンや事業者ローンでお金を借りている場合で、アコムやプロミスなどでお金を借りる場合は、既に借りているビジネスローンや事業者ローンは借入件数にカウントしなければなりません。

 

 

 

これは、たとえ利用目的が違うビジネスローンだとしても個人の名義として借りているからです。

 

 

個人名義として借りているローンは消費者金融系のキャッシングの申し込み時に借入件数として入れておきましょう。

 

 

 

法人と個人は別物です。

 

 

 

自営業者の方はもし将来、融資の事を考えるとやはり法人にしておいた方が、個人でも法人でも融資が有利といえます。

 

現在は法人は簡単に設立できます。

 

 

個人事業主の人も融資などの経済的メリットや恩恵を受けたいならば法人が有利です。

 

また法人は節税面でも有利ですね。

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

自営業者向けのキャッシングは金利は経費で落とせるか?
自営業者向けのキャッシング、ビジネスローンなどの金利や手数料は事業の経費として落とせるか?節税としてアリか?
自営業者向けキャッシングのメリットとデメリット
自営業者向けのキャッシングにも有利な点と不利な点があります。メリットとデメリットを徹底解説
自営業者向けキャッシングの審査に通りやすい人(収入、固定電話、在籍確認など)
自営業者向けのキャッシングで審査に通りやすい人を審査に通り難い人と対比して解説します

ホーム RSS購読 サイトマップ