自営業でも審査が通りやすい!借りれるキャッシング

自営業でも借りれるキャッシング

自営業者でもキャッシングの審査に通るか?借りれるか?

一般的にキャッシング(消費者金融やカードローン)は会社勤めなどをしているサラリーマン向けにサービスを提供しているローンです。

 

 

だから「サラ金⇒サラリーマン金融」って昔は呼んでいたんですよね(笑)

 

 

従って、自分で商売をやっている自営業者や、個人事業主、法人にお金を貸すことは想定しておりませんし、事業目的の融資は禁じているのが消費者金融などのキャッシングです。

 

 

自営業者は「ビジネスローン」や「事業者ローン」を使え!・・・と言う事になります。

 

 

 

しかし、最近ではキャッシングサービスも自営業者にも条件付きで融資することが多くなりました。

 

 

なぜなら、キャッシング会社はサラリーマンだけに融資をしても商売にならないからです。

 

 

 

 

年々時代も変わりサラリーマンの比率が少なくなってきました。

 

フリーターなどの非正規雇用者も増えて、自分で独立起業をする自営業者も増えてきました。

 

 

 

 

キャッシング会社もこういった客層を取り込んでいかないとライバル会社との競争に勝てないからなんです。

 

 

 

だから最近では、どこのキャッシング会社でも「パート、アルバイト、自営業でも申し込みOK」としております。

 

 

つまり自営業者でもキャッシングの申し込みが可能という事です。

 

 

 

 

自営業者のキャッシング申し込みが可能ということは、自営業者でも審査が通る可能性があり、自営業者でも融資が受けられ、借りれる可能性があると言う事ですね!

 

 

 

最近のキャッシング会社では多くが自営業の申し込みもOKとなっています。

 

大手の消費者金融系(銀行系含む)のキャッシングはほぼ全社が自営業者の申し込みが可能です。

 

 

 

例をあげるとアコム、プロミス、アイフル、ノーローン、モビットなどです。

自営業者がキャッシングで借りれる条件は?

では、実際に自営業者がキャッシング会社等からお金を借りれるには、ある条件があります。

 

 

その条件とは『事業目的での利用はダメであくまでも消費者としてキャッシングの利用をする』という条件です。

 

 

 

・・・・そう自営業者が一般の消費者金融やカードローンを利用する場合は、あくまでも消費者としての利用目的で使え・・・・と言う事です。

 

 

 

例をあげると・・・・「お小遣い」、「遊びのお金」、「旅行目的」、「生活費目的」、「ショッピング目的」、「生活品の購入」、「ブライダル資金」、「子供の教育資金」、「自家用車の整備代」、「デート代」などなど。

 

 

「あくまでも個人のお小遣いとしての利用で使いなさい」・・・・という条件ならば自営業者でもキャッシングの融資が可能です。

 

 

 

逆に、事業性資金としての利用、たとえば・・・・・・「会社の設立費用」、「出資金」、「商品仕入れ代」、「事業のつなぎ資金」、「従業員の給料、人件費等」、「外注費」、「事業の備品購入」、「設備投資費用」などに使ってはいけませんという事です。

 

 

 

だから自営業者がキャッシングでお金を借りる時に申込時に「事業の資金として」と書いてはいけません!

 

これだと審査に落ちてしまいますので・・・。

 

 

 

あくまでも個人のお小遣いや買い物としてキャッシングを利用しなければならないのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ